【2015年夏山合宿 チンネ中央チムニー】

8月15日 晴れ

メンバーL田中、福井

真砂BC1:45 熊の岩4:00 池ノ谷乗越5:00 三の窓雪渓5:30 登攀開始7:00 中央バンド(大きなテラス)8:00 終了9:50 熊の岩11:30 真砂BC12:10

 DSCF3501

今日は停滞後、待ちに待ったチンネである。真夜中、田中君とBCを後にする。

アイゼンを履き、とても寒いが池ノ谷乗越まではひたすら登らなくてはいけない。

この日我々が最初に長次郎谷に取付いたようだ。後続は4、5人いたが、Ⅵ峰の

方へ向かうもよう。

後をついていくのがとても疲れたが、やっとの思いで池の谷乗越にたどり着く。

池の谷ガリーの下降が噂通りとても悪い。離れると危険なので、田中君と距離を詰めて降りた。

三の窓上部で休憩をとり、改めてここから見えるチンネに圧倒される。

20分ほどザレた道を行くと中央の取付きに出た。足場が悪く登攀段取りに手間取る。

1ピッチ2ピッチと田中君リードでチムニー及びフェースを登り、中央バンド手前10Mまで行く。あとは私がコンテでバンドまで行き、彼をビレーする。

景色が良いのでここで休憩。大きなテラスでビバークの適地、しかし落石が怖そうだ。

3ピッチ目はテラスの右寄りのクラックを私のリードで行くが、途中から難しくなりリードを交代。 我が会きっての若きリーダー田中君、難なくクリアする。

この後、私が登ると大きな石が剥がれ落ちヒヤリとする場面も。

最後は私がリードで終了点へ到着、互いにガッチリ握手。

二人でお約束のチンネの頭で写真撮影をするが、岩の上に立つのがとても怖い。本ちゃんとはいえ、まさに岩が脆く落石には要注意である。

2ピッチほどで池の谷ガリーへ降りる。北方稜線を行く登山者が、やはり落石を起こし、危険なので声かけしてガリーを駆け上がる。

池ノ谷乗越で綺麗な景色を見、今日の健闘を称え合い長次郎谷を下降、真砂沢ロッジにてビールで乾杯する。

(記録 福井)

DSCF3503DSCF3514DSCF3516DSCF3511