メンバー CL食糧会計:伊藤、記録:冨田た、気象装備:廣瀬

2018/12/29 宮城発7:05-中房温泉11:40(~12:10)-第1ベンチ13:05-第2ベンチ着13:50

昨夜宮城の林道ゲート前に設置された臨時の駐車場に着。車中で仮眠をとる。30台程度はすでに駐車してある。

天候は晴れ時々曇りで、先ずは12kmの林道歩き。ゲートを過ぎると路上は積雪あり。ところどころアイスバーン上になっていたが、林道は中房温泉まで除雪されており、快適に歩行できた。

1-2645

 

1時間毎に1本の休憩のペースで、観音峠、信濃坂を越えて昼前に中房温泉に着。途中で冨田が遅れたため、広瀬に共同装備を託す。

2-26463_2651

中房温泉から先が登山道でアイゼンを装着して出発。 ほどなく第一ベンチにつくが、明日のことを考えもう一歩先の第2ベンチまで足を延ばし、テントをはる。

4_3957

2018/12/30 第2ベンチ発7:10-第3ベンチ7:40-富士見ベンチ8:40-合戦小屋9:20(~9:35)-燕山荘11:05-引き返し11:40-燕山荘12:00(~12:50)-合戦小屋13:40-第2ベンチでテント撤収-中房温泉着16:30

天気はおおむね晴れ。冨田を先頭で第2ベンチを出発。 昨夜に雪がちらついので、トレース上に新雪が積もっていたが、問題なし。富士見ベンチあたりで、その名とおり富士山の遠望が見始めた。

5_2661

富士見ベンチからが合戦小屋までは冬道で、尾根筋を直上する。要所要所に燕山荘のスタッフさんたち設置した赤旗あり、これが山荘まで続く。

合戦小屋に2張りほどのテント泊パーティあり。ここから上は樹林帯を抜け、槍方面や燕岳が一望できる。 

6_26647_2665

このころから冨田のペースが落ち始める。昨夜、あまり寝られなったために、林道歩きの疲れが抜けきっていないのか、天気もよく、風もないのにペースが上がらない。

8_0043

合戦小屋から約1.5時間、最後の急登をのぼりって山荘に到着。稜線上は風が強く、時々耐風姿勢を強いられる。

冨田の調子が上がらないが、いけるところまでということで、燕岳目指すが、安全を期して途中で引き返す。普通なら20-30分程度でいけるところ、残念。

9_004810_2668

11_2674

山荘で少し休憩させてもらい、天場にむけて下山。第2ベンチ到着後、時間もあるので、ここを撤収し、今夜は中房温泉の天場で泊とした。地熱のせいか、非常に暖かい夜を過ごせた。

 

2018/12/31中房温泉発7:30-観音峠9:30-宮城着11:10

朝から高曇りで、天気は予報通り下り坂の気配。

今日は往路の林道を引き返すのみ。 林道の状態は入山時とあまり変わりなく、下る分だけ、体が軽い。

途中、里に近いところでサルの群れを見かける。約4ピッチ弱で宮城の駐車場に到着。

12_2680