木曽駒ケ岳福島Aコース

2017年10月17日(火)~18日(水)
メンバー L吉村、粂野       記録 吉村

タイム 1日目:キビオ峠(15:10)-七合目避難小屋(19:20)、2日目:出発(6:00)-キビオ峠(9:15)

  週末からの天候不順で今日も雨。宝剣沢を計画していたが中止し、計画変更。前回福島Bコースを登ったので、今回は福島Aコースを登る。ついでに七合目避難小屋での居心地を試す。アクシデントにより小屋まででした。

 1日目、当日正午すぎに粂野が向かい来て、二合目のキギオ峠に14時50分に到着。駐車場に展望台やトイレもありgood。準備して15時10分に出発。

登山道入口

登山道入口


 天気も雨が上がりよくなってきているが、山の雲はすっきりとは取れない。栗が沢山落ちているが中身がない。
 三合目から福島Bコースのコガラまで50分の看板あり周回コースで登れる。ここまではなだらかだが、4合目までは比較的急で、つるつる滑り登りづらい。尾根の上でなく側面に登山道があり雪が積もると道がわからない。日が暮れだし寒くなる。

なだらかな道

なだらかな道

 五合目と思われる場所のコルに着くが目印の看板なくまだ先か?もう少し先でヘッドランプを点ける。まだかまだかと歩くと六合目に18時35分に着いた。ここから七合目までトラバースする。沢筋を三箇所横切ることもあって、出発の時の注意書きの看板に「積雪期に七合目避難小屋に行く人は雪崩るから福島Bで行け」とあり納得する。

七合目

七合目

 七合目避難小屋に19時20分に到着。七合目へのトラバース中に吉村は木の枝で目を付いて痛がる。小屋の中には薪ストーブがあり薪もあるので早速暖を取る。斧で薪を細くして火を点ける。ストーブの蓋を閉めると火のつきが悪く、開けると煙が部屋に充満しと換気に気をつける。放っておけばいい感じで暖が取れると思ったが意外と甘かった。22時頃に消灯。

七合目避難小屋のストーブ

七合目避難小屋のストーブ

 2日目、4時30分に起床。前日に痛めた右目がまだ痛く違和感が大きかったので申し訳ないが下山する。6時に出発。トラバースで御岳山が綺麗に見える。昨日五合目が発見できなかったが、下ってくるとすぐにわかったが、ここ?と感じた。

 三合目から少し行ったところに木曽見台があり景色を眺る。

木曽見台から見た御岳山

木曽見台から見た御岳山

 9時15分にキビオ峠の駐車場に到着する。ドアミラーで右目を確認するが出血による充血はだいぶ収まっているようだったので、現地眼科に寄らず自宅近くの眼科に行くことにする。帰りは道の駅によっても土産のひとつでも買って帰る。木曽福島道の駅の朝食バイキングは10時まで残念食べ損ねた。眼科で右目を診てもらったら黒目部分に傷はあるが、目薬で治るくらいで、ほっとする。