横尾本谷
2019/11/2(土)-4(月)
メンバー: L多田、斎藤
行程:
11/2:10:40:沢渡駐車場→11:00上高地B.T.→14:15横尾山荘(幕)
11/3:06:15横尾山荘→07:20本谷橋→08:00出合→08:50二俣→10:10黄金平→12:45天狗のコル→15:10南岳→15:30南岳小屋(冬期小屋)
11/4:05:45南岳小屋(冬期小屋)→07:50天狗のコル→08:30天狗池→15:05上高地B.T.

11月2日(土)
06:00勝川駅で斉藤さんをピックアップして上高地沢渡駐車場へ向かう。道中にて野麦峠の紅葉が見ごろを迎えていた。
沢渡駐車場エリアの梓駐車場に車を停めバスに乗り込む。
上高地バスターミナルから横尾山荘へ
横尾山荘でテント泊の受付をすると会員の澤くんが現れ挨拶を交わす。
6年勤務した横尾山荘を5日で退職されるとのこと。お疲れ様でした。
11月3日(日)
0600出発
本谷橋まで横尾尾根の取付きである3のガリーを確認しようとするがはっきり分からなかった。
ここではないかと思われる取付の写真と位置を取って本谷橋へ進む。
ここから涸沢出合へ向かうため夏道を外れ河原を歩きはじめたが予想どうり岩に霜や薄氷がついており慎重を要した。
何度か渡渉するが靴を脱いで渡る必要はなかった。
出合から横尾本谷へ入っていく。

横尾本谷は途中、右俣と左俣に分かれる。右俣は一部飛散した水を受けるところがあった。
右俣の遡行を続けると岩壁のようなものが見え傾斜がやや強くなるが問題ない。

壁を乗り越えると黄金平に到達する。水は細くなりすぐに伏流となった。今日の幕営地である南岳小屋周辺には積雪があるとの情報を得ていたが歩荷もかねて最後の給水をすませ水を荷揚げした。

天狗のコルへ向か歩き難い大きな岩がごろごろと堆積した所(ゴーロ帯)となり歩き難い。さらに天狗のコル直下はザレと草つきが混じり合い歩き難い。
天狗のコルへ出たところで10~15cmの積雪となった。

南岳まであと300mほど標高を上げ南岳山頂に到着した。さらに山頂から10分ほど下り南岳山荘に到着する。

冬期小屋にはだれもいなかったので利用させて頂くことした。(小屋の中にポストあり利用料金1000円/人)
小屋の中にはトイレと畳が3枚、長椅子3個があり快適だった。

11月4日(月)
04:00起床 軽く朝食を済ませた後、05:30出発
天気はよいが風がやや強い。天狗のコルまでは昨日と同じルートを戻り天狗池へ下る。

天狗池でアイゼンを外し槍沢へ入り横尾山荘へ戻ってきた。澤くんと挨拶を交わし15:10上高地B.T.到着。