中央アルプス 中御所谷

2016年8月20日(土)
メンバー L馬場(記録)・田中・福井
タイム 菅の台バス停駐車場(6:30)-しらび平遊歩道(7:10)-日暮の滝より入渓(7:30)-中御所谷へ戻る(8:50)-宝剣の滝(9:00)-10mCS(10:05)-2段50m枝沢(11:10)-休憩(13:20)-千畳敷(13:50)-ロープウェイ駅(14:00)       

天候 晴れのち曇り時々雨
装備 60mダブル1本 カム1セットC#0.3-1 ナッツ1セット ヌンチャク ビナ スリング

 木曽駒ケ岳のロープウェイに乗るたびに狙っていた中御所へやっと行けるチャンスができた。イランから帰国したばっかりの田中さんと夏合宿で物足りなかったであろう福井さんに声をかけた。
菅の台バス停駐車場(5:15)に着いたらすでにバス待ちは長蛇の列。紅葉シーズンよりも多くてびっくりした。バスの始発は(6:15)のところ(6:00)より臨時バスが次々と出て菅の台バス停駐車場(6:30)に乗ることができた。

4 日暮ノ滝


 しらび平遊歩道(7:10)から日暮の滝より入渓(7:30)した。日暮の滝の右の枝沢を登ったまでは良かったが、本流に戻らずそのまま枝沢をつめて登ってしまい段々と藪が多くなり、ちょっとおかしいと思っても男性二人はどんどん登りつめ確認したときには大幅に尾根のひとつむこうまで登っていた。

5 藪こぎからの帰還


元のルートに戻るまで尾根越えの大藪漕ぎである。早く沢に戻って体中についたハダニみたいなものとドロを洗い流したいねとワサワサとそれなりに楽しみながら道なき道を登ったり降りたりした。かなりのタイムロスをしたわりには遡行はまったく進んでいない。

6 みんなで弱点を探す

宝剣の滝(9:00)で1回目のロープを出して田中さんがリードする。核心にはハーケンが打ってあるが、ぬめりがあるためしっかりとしたガバがないけっこう怖い。

78


10mCS(10:05)もロープなしでドンドンと抜けていく。合宿で登攀できなかった福井さんは「夏は沢がいいな」とご機嫌だ。足場の悪いところを福井さんが取り付いていたので足をフォローして押していたら自分が押し出されてナメ沢へするすると滑りおちた。上から田中さんにニヤニヤと笑って見下ろされた。やっぱり沢は楽しい。

8a 10mチョックストーン


 1回も休憩なしで腹減ったなと思いつつもガシガシと登る登る。台風の影響で天気予報が大幅にくるって晴れていたのは朝の少しだけで遡行中は曇り、ガス、雨だったので優雅にまったりと休憩する気にもなれない。

8b 雨が降っても腹が減ってもノンストップ


2段50m枝沢(11:10)のところで本流を田中さんに滝のど真ん中直登を福井さんがオススメするが、田中さんは軽く拒否しつつ枝沢を登って草つきトラバースした。

8c 天気も悪い、寒い、水量が多いので直登は厳しい


ロープウェイのほうに向かわないように指示していたが、二俣であろうところを左俣に入ってしまい、いくつかの滝を越えて、トラロープと赤いテープでふさがれた場所で遡行終了。そこからロープにそって道を探しだいたい確定したところでやっと1本の休憩。ロープウェイのアナウンスが聞こえはじめ、やっと千畳敷(13:50)に到着しロープウェイ駅(14:00)で整理券をもらったら2時間待ちだった。
 ルートファインディングミスをしたり、藪漕ぎをしたり、探したり探索したりの沢登りだったが足の速い二人に引きずられ思ったよりも時間はかからなかった。しかしながらロープウェイ駅で着替えていると疲れてしまい一発触発で両足の指がピクピクと攣りそうだった。それにしても私は寒さに弱い。駅に居るのに体は寒くなくても指先の冷えのしびれがひどい。缶コーヒーで感覚のなくなった指をたためていたら、すべって福井さんに珈琲をぶっかけてしまった。沢登りはやっぱりいい天気の日に限りますね。

2630a

終了点でリンボーダンス