日程:2017年2月18日(土)~19日(日)
メンバー: L吉居(記録)、丹羽だ、福島、多田
タイム: 1日目 美し森駐車場6:00-出合小屋8:30-2400M付近幕営地14:30頃
     2日目 幕営地5:35-縦走路11:50-真教寺尾根下降点12:30-美し森駐車場16:40

 ここ数年、あまり山に行けないまま名古屋に転勤となり約1年、意を決して名古屋山岳会の門をたたいてNACの仲間入りをした。仲間もできた良い機会にバリエーションをもう一度いちからやり直す気持ちで、阿弥陀北陵からはじめ、天狗尾根を計画した。行ったことがあるルートだが再確認のつもりで選択した。 自分のできる事をコツコツこなすしかないと思った。

 金曜日22:00に東山線一社駅に集合し、福島カーで2時に美し森駐車場の駐車場で仮眠する。

1日目(晴れ)、5時起床。明るくなる6時に駐車場を出発。1時間程林道を歩き、すぐ林道を別れて堰堤左岸をゆく(地形図の等高線だと1650M付近)。トレースなく旭岳東稜2人パーティが先行し、我々は後続でゆき駐車場から2時間半で出合小屋に着いた。

11

 

天狗尾根にトレースなく、赤岳沢に進路を取るがラッセルが深すぎて大変なので、すぐ尾根に取付く。尾根ではカモシカが我々を見張っていた。 出合小屋から幕営地までは標高差600Mだが、根付いていない雪のラッセルに時間がかかり樹林帯の最終幕営地まで5時間かかった。福島さんの高度計だと2450Mとのこと。
 私と丹羽さんでカニノハサミまで偵察にいき、この日の行動は終了。この日の天狗尾根は我々だけだった。トレースを付けたので明日は明るくなる前の5時30分出発とし就寝。 夜天気が悪くなってきたようだが、どうするかは朝様子を見て判断しよう。

 2日目(朝曇りのち晴)、3時40分起床。10分寝過ごした。5時35分出発。夜多少雪が降ったのでワカンで行くが、30分程でカニノハサミ手前でアイゼンを装着。カニノハサミ先の草付きでロープを出す。
 ここで後ろから6人パーティに追いつかれる。都岳連のともしび山岳会とのことで朝4時に出合小屋を出発してきたとのこと。

12


  草付を抜けるとすぐ岩峰につきあたる。岩峰の左壁も登れるようだが、行程長いので右のルンゼにルートを取る。きれいな雪面にありがたくトレースを付けさせてもらう。

13


  ルンゼを抜けたあとは、しばらく歩きで続く岩峰は左から巻いた。巻いた先で登り口がわからず先行した丹羽さんにロープを下してもらい時間をロスしてしまった。その先は大天狗目前だが手前に草付きで念のためロープを出した。後続パーティは雪面を右からトラバース気味に巻いて我々を抜いていった。

14


  大天狗は岩壁基部を右へ行き灌木でビレー。岩はバンドまで10M程度でⅢ級。ビレイ点は真新しいハンガーボルトと鎖があった。 後ろから続々とパーティが上がってくる。初日は我々以外尾根に入っていなかったので不人気ルートになったのかと思ったが、やはり人気ルートだった。だた尾根中1泊でなく、日曜日に出合小屋から一気に上るスタイルが主流なのかも知れない。
 大天狗から先は歩くのみ。小天狗を左から巻き(巻きも結構悪い)雪稜をゆくと縦走路に合流。昼前になってしまった。真教寺尾根は降り口からしばらく急傾斜で一般道プラスアルファの難易度。 下りに飽きてきた頃スキー場が見え、さらに1時間で美し森駐車場に着き山行を終えた。
 帰りは清里駅前での和食店で食事し、諏訪湖SAで風呂に入り帰名した。

以上