2014年6月15日(日)

第3回夏山トレーニング 針ノ木岳・雪上訓練

メンバー L吉村、田中、柏舘、丹羽ま、岩津  記録 吉村

タイム 扇沢6:00-大沢小屋6:55-針ノ木小屋9:20-針ノ木岳頂上11:00-マヤクボノコル12:00-扇沢16:50

  針ノ木岳 前日21時に名古屋駅前に集合し出発。途中の道の駅で仮眠。
仮眠の前に柏舘の鳥鍋エッセンを食べる。

5時に起床し、扇沢で準備して6時に出発。 天気は良く楽しみだ。
1時間くらいで大沢小屋に到着した。 ここからもう少し登ると雪渓に出た。

針ノ木岳   まだ斜度も緩いので、アイゼンなしで登る。
雪渓上で1回休んだ後、針ノ木小屋まで一気に上がる。
傾斜も出てきたが、登りのせいか難なく行けたが疲れた。 小屋に着くと槍ケ岳が見えた。

針ノ木岳 小屋で全員を待った後、頂上へ向かう。
途中で雪のトラバースがあったので、アイゼンを装着する。
雪と岩を交えながら、11時に針ノ木岳頂上に着いた。
天気良く、最高!景色もばっちりグッド。

針ノ木岳   休んだ後、マヤクボノコルへ下り、マヤクボ雪渓を下る。
コルでハーネス類を装着する。 まず最初にスタンディングアックスビレーの練習をする。
その後、滑落停止の練習を行いつつ、バックアップとして、スタンディングアックスビレーを同時に行う。 岩津はまだ上手に制動の加減ができないので、衝撃を受け飛ばされる。
丹羽は滑落停止の練習中ピッケルのブレードが歯に当たり痛がっていた。
練習中はやはりタオルなどでブレードを保護した方がいい。

針ノ木岳   1時間ほどやった後、カールで休憩し再び、スタンディングアックスビレーでバックアップを取りながら、急斜面の歩行練習。 滑落停止と行い降りて行く。
岩津、急斜面を勢いよく滑落停止をしながら滑り落ちていく。
バックアップを取っているので大丈夫だが、なかなか止まらない。
落ち着いてから確認すると、足を滑らせ本番滑落だった。
柏舘は同じ斜面でもきれいに滑落停止ができていた。うでの違いか。

針ノ木岳   かなりの斜度で長い距離があるので、いい練習場所になった。
3時間ほど練習しながら下ると、針ノ木小屋へ上がる所と合流する。
ここからは、ロープなしで歩き、最後少しアイゼンなしで下る。
斜度も緩くなり大丈夫だ。

大沢小屋に16時に到着し、扇沢の駐車場に16:50に到着し帰名した。