濁河はもずし

2019年1月8日(火)
メンバー:L丹羽ま・粂野・武田(記録)
タイム:9:00駐車場-16:00駐車場

 前夜21:30名古屋発。道の駅三岳で仮眠。6:00起床、道の駅の暖かい室内でゆっくり朝食をとりゲートの開く8:00を待つ。
 駐車場に到着し、橋の下から懸垂。
 雪は少ないが、滝はしっかり凍っていた。右端のラインが簡単そうだったが、懸垂したロープを使ってトップロープで中央より少し左のラインを登る。


 丹羽まさんと私は2年ぶりのアイス。アックスを打ち込む練習から開始。体の使い方がわからず、不格好だししんどいし。これはちがうと、1本登ったあとにGoogle先生で復習し、2回目はだいぶマシになった。
 粂野さんが少し左側の傾斜の緩いラインをリードし、トップロープにしてくれた。中間部が少したっており、右側に木があって、使いたくなるところをがまん。それぞれ1本ずつ登ってお昼休憩。風情のある雪見の野点を楽しんだ。


 昼過ぎから雪がちらちらし始めたため、中央左よりを少しラインを変えてそれぞれ登り、最後はザックを担いで左側を登った。自分の後に丹羽まさんが同じように登ったため、セカンドのビレイの復習もさせていただけてありがたかった。


 駐車場に戻ると、そこそこよい時間。お風呂は19号に入ってからかなと言っていたが、湯の谷荘のご主人が通りかかり間に合いそうなので、行くことにした。懐かしいかんじのよいお湯だった。