八ヶ岳広河原クリスマスルンゼ・広河原沢左俣

2019年1月12日(土)-13(日)

形態:アイスクライミング

メンバー:12日 L田中(記録)・武田・吉居

      13日 L田中(記録)・武田・吉居・丹羽だ・丹羽ま・新美・粂野・近藤

タイム:12日 7:15舟山十字路-8:00二俣-11:40クリスマスルンゼ-16:40二俣(幕)

13日 7:35二俣-8:00左俣登攀開始-15:00登攀終了-18:50二俣-20:20舟山十字路

12日 クリスマスルンゼ

前夜出発し八ヶ岳へ。途中、仮眠して6時に起床して舟山十字路へ移動。駐車場の周りに雪が無く、年末からほとんど積もってない様子だ。

準備し7時過ぎに出発。林道終点からようやく雪が出てきて冬山っぽくなる。8時に二俣に到着。

二俣も雪が少なく水作りはどうしようかと考えるもとりあえずテントを張って右俣のクリスマスルンゼに向かう。2か所ほど小さい滝がでる。凍っているが、気温が高いからか水が滴っている。トレースにそって歩いて行くと目の前にクリスマスルンゼが出てくる。

クリスマスルンゼ

2パーティー取付いてるので、ゆっくり休憩してから田中リードで、登り出す。傾斜の緩い1段目を登りスクリューで支点作って2人に上がってもらう。2段目、真ん中の立ってる所を登る所を登り太い木でビレイし2人も登ってくる。

懸垂2回で取付きに戻るも水が滴っていたのでロープが凍ってハリガネの用になってしまう。いい時間になったので二俣に戻る。トポを見ると左俣で水が取れようなので、左俣に行ってみると10分程で水の取れる所を見つける。夜ご飯の鍋を作り最近話題の映画「ボヘミアンラプソディー」の話で盛り上り動画等みたりしてるうちに夜も更ける。

13日 広河原沢左俣

6時起床し雑炊作って食べてると6時45分頃に日曜入りのメンバーが到着する。準備をして7時半頃に出発。しばらく歩いた所で、最初の滝が見えた所でアイゼン等つけて登攀開始。

登攀開始

今日も気温が高くて水がの滴る氷だが登るにつれて滴りも弱くなる。

小滝やナメ滝が何個も出てきてロープいらない人はそのまま登り、不安な人は、ロープ出して登る方法で進む。

先行パーティーがいるので途中待ってる間、スクリューのセットの練習やアックスの振り方等をやったりする。

最初のチョックストーン

10m前後の滝を越えチョックストーンの右側を登り進んで行くと12mの下部の大滝が現れる。

下部の大滝

右と左のラインで登れそうなので、右ラインを丹羽だ、リードで登りその後を丹羽ま、吉居で登っていく。左ラインを田中リードで登る。シャンデリア状の立っている氷で、Ⅴ級位?ありそうだ。右の灌木でビレイ、新見、武田、粂野、近藤が上がってくる。皆さん、シャンデリア状の立った氷に苦戦しながら登り特に近藤君は今回始めてのアイスで、アックスの振り方とかまだまだだが果敢に挑戦。何度もテンションかけながらも登りきる。

大きい岩の左を通り段状の滝を越えてくと上部の大滝に到着。

 

しかし下まで氷が繋がってないのでここで登攀終了。

上部の大滝

少し休憩した後に右の方にトラバースして中央稜の方に向かう。中央稜につき下山するも第一岩峰の所で傾斜が急になり歩いて下りれそうにないので右の傾斜の緩そうな方に下りていくと崖の所が2か所出てきたので2回懸垂して降りると左俣に戻ってきた。このまま左俣を降りてもいいが時間がかかりそうなので、また中央稜の方にトラバースして行くと中央稜のトレースを見つける。この後はトレースに沿って下山。途中雪が無くなるも凍った地面の所になりアイゼンが効きにくくて歩きにくい。19時前に二俣に到着。日曜下山の田中、武田、吉居は荷物を撤収し今日泊りのメンバーと別れ舟山十字路へ。駐車場に20時20分に到着。下山が遅くなったのでお風呂には入れないがお腹はすいたので諏訪湖SAでご飯を食べて眠気ざましに映画「ボヘミアンラプソディー」の曲をかけて名古屋へ帰る。武田、吉居さんを家に送り自宅に帰ってくると夜中の1時過ぎだった。人数が多く時間がかかったが合アルパインアイスのルートとしては面白い所だと思う。