八ヶ岳南沢小滝 日程:2016年2月21日(日) メンバー:L丹羽だ・内田・新美・武田(記録)6:30八ヶ岳山荘P~7:00美濃戸山荘~8:00小滝~12:45撤収~13:15大滝見物~14:00南沢入口付近~15:00美濃戸P~15:40八ヶ岳山荘P

 

前夜発。22時名古屋駅集合。この日は少し雨が降っていて、地面がじっとり濡れている。だべっていたらあっという間に諏訪南の降り口。

コンビニで食料を調達して八ヶ岳山荘Pへ。もうたくさんの車が駐車しているので、邪魔にならないところにテントを張って就寝。チェーンもないので、明日はここから歩く。

 

なんか寒いなぁと思ったら、マットがびしょびしょ。水たまりは避けたはずなのに。あまり眠れないまま起床。他の方のご迷惑になる前にテントは撤収。あっという間に満車。

 

歩く路面はカチカチのアイスバーン。ちょっと緊張しながら歩いていたら、親切な方が「7人までならいいよ~」と声をかけてくださったのでありがたく便乗。嬉しかった。

 

南沢の入口でアイゼンを装着。わかってはいましたが、そこからは丹羽さんがすごいスピードで先頭を歩くのでついていくのに精一杯。先行のグループをどんどん追い抜く。

 

小滝にはまだだれもいない。

02

気温が高いのか、水がしたたり落ちている。

比較的水の少ない右側のルートを登れるように丹羽さんがトップロープを張ってくれた。

下からみると階段みたいに見えるのに、登っているときは余裕がないのかうまく足がのらず、無理やりがんばってたらあっという間に腕がパンパン。新人みんなでいろいろ教えてもらいながらそれぞれ何本か登る。

 

丹羽さんが右側面から登っていたのがおもしろそうだったので、真似してみたけどすぐに落っこちてきれいな氷柱をくずしてしまいました。

 09

ちょっと息抜きで丹羽さんが支点の作り方、アイススクリューの使い方講習。新人の自分たちにはありがたい。またそれぞれ登り、内田さんは率先してビレイの練習。そうこうしてると混雑している大滝から小滝にみなさん移動してくるので、邪魔にならないように撤収。丹羽さんがちょちょいとトップロープを回収。

 14

まだ時間も早いので、大滝見物。大滝から移動してきた方が口々におっしゃっていた通り、ロープがすだれのよう。たくさん人がいらっしゃるので、早々にここも撤収。凍った地面は、下りが苦手な自分には試練の道でした。

16 

ここからまた下りの名古屋山岳会。ちょっともたもたしているとあっという間に見えなくなるので必死で歩く。アイゼンを途中ではずしている人も多かったですが、安全に早く下るにはアイゼンはあったほうが安心。

思っていたより早く終わってしまったので、せっかくだからと適当に角度のある斜面で懸垂下降の練習。懸垂下降、バックアップや、確保器とロープの扱い方も練習。

 18

満足するまで練習し、終了。ショートカットを使うとこれまたあっという間にパーキングへ。凍ったザイルがまだほどけない…。もみの湯に寄って帰る。

 22

自分が始終咳コンコン。翌週の集会で新実さんがインフルエンザと聞く。もしかしてごめんなさい?とちょっと心配…。