2014年10月7日(火)

御在所岳(岩)

メンバー:L吉村、粂野、奥田、伊藤み、  記録:吉村

コースタイム:駐車場(7:00)-一の壁(8:10)-中尾根バットレス(11:10)-一の壁(15:10)-駐車場(16:30)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA     朝7時に駐車場に集合。奥田、伊藤はまだ来ていなかったが先に出発した。
だんだん秋らしく寒くなってきた。 一の壁に着くと風も強く寒かった。
フリース&合羽で寒さをしのぐ。 手も冷たいので軍手が欲しい。
登り出すころに奥田、伊藤が到着した。
2ルート吉村リード、3ルート粂野リード、ダイレクト吉村リード、右ルート粂野リード。
少し休憩して中尾根バットレスの山渓ルートを登る。
人工ルートで途中フリーの感じだが、ここも人工で行く。 テラスで切る。
次のピッチのハング越えあたりでピンがあるかどうかもわからない。
少し上がるがアブミ回収できず2ピッチ目をすぐ上のバットレスの正面側で切る。
次どうしようかと思案し、結局前回登ったカリフォルニアドリーミングで登った後、懸垂下降して山渓ルート2ピッチ目のルートを確認する。
トップロープにして山渓ルートの2ピッチ目を登る。
はじめ正面から北側面に入りトラバースしながらハング下に来る。
ハング下でやっとハング上のかくれピンが見えた。
そこのピンから次のピンがさらに遠い。
ハングからチョンボ棒を使いながら越えた。正面側を登り終える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 交代で粂野もトップで登り、懸垂下降で元の場所戻る。
ゆっくり休憩をして、少し早いが下山した。
山渓ルートを登っている途中、一の壁にいる伊藤が寒さで体調不良になったようで早めに奥田と一緒に下山した。